ライースリペア インナーモイスチュアローションNo.11の成分

ライースリペアのインナーモイスチュアローションNo.11に含まれる成分をチェック

肌の内側に働きかけることで、健やかな肌を育ててくれるライースリペア。

 

そのラインの中で、最初に肌に使うのがインナーモイスチュアローションNo11です。

 

使った瞬間から肌が変わると言われるほど実感力が高いローションは、スキンケアに欠かせないアイテム。

 

そんなインナーモイスチュアローションNo11の配合成分を見ていきましょう。

 

 

ライースリペア インナーモイスチュアローションの有効成分

 

インナーモイスチュアローションNo11の有効成分は、ライースリペアの代名詞でもあるライスパワーNo11。

 

ライスパワーエキスはバイオ技術によって作られているけど、お米が原料だから安全性の高い成分です。

 

 

ライスパワーNo11にはどんな働きがあるの?

ライスパワーNo11は、肌が本来持っている水分保持機能を改善する効果が、厚生労働省に認められている医薬部外品。

 

改善効果が認められた医薬部外品は、薬事法改訂後はライースリペアが初なんです。

 

つまり、ライスパワーNo11の働きはずばり肌の改善。

 

ニキビやしわ、たるみなど肌の悩みはいろいろあるけど、どんなトラブルでも大元は乾燥が原因です。

 

もちろん他の要素も関係しているけど、肌がしっかり水分を蓄えていればダメージは修復できます。

 

その修復が追いつかないからトラブルが起こるんですね。

 

ライスパワーNo11は水分を保持できなくなった肌を改善して、蓄えられる肌を育む効果が期待できるんです。

 

 

ライスパワーNo11だけじゃない

 

インナーモイスチュアローションNo11には、他にも美容成分が配合されています。

 

保湿化粧品には欠かせない美容成分はライスパワーNo11の効果を底上げしてくれるから、さらに実感力が高まるんですね。

 

 

インナーモイスチュアローションNo11に含まれる成分

 

それでは、どんな成分が入っているのか見てみましょう。

 

 

  • 水分を保持するヒアルロン酸ナトリウム
  • 肌を柔らかくして保水する濃グリセリン
  • 抗炎症作用を持つグリチルリチン酸2K

 

どれも、高い保湿効果が期待できる化粧品には必ずと言っていいほど使われている成分です。

 

ライスパワーNo11が入っているなら必要ないのでは?と思うかもしれませんね。

 

でも、ライスパワーの効果が高くても、肌の状態が整っていなければ効果が現れるまでに時間がかかります。

 

ヒアルロン酸ナトリウムや濃グリセリンは、強力な保水力で肌に水分を留めることで、ライスパワーの効果を高めてくれるんです。

 

 

成分の安全性について

 

美容業界では注目されているライスパワーNo11だけど、初めて聞いたという方からすれば安全性が心配かもしれませんね。

 

また効果が高くても肌が弱いと刺激なんかも気になるので、安全性についてチェックしていきます。

 

 

アトピー肌や敏感肌でも大丈夫?

結論から言うと、ライスパワーエキスは有機栽培で作られたお米で出来ている成分だから安全です。

 

それにヒアルロン酸ナトリウムなど他の成分も、重篤な副作用の報告はないから安心して使えます。

 

もちろんこれはアトピー肌や敏感肌も例外じゃありません。

 

ライースリペアは敏感肌でも使えるように、厳選された成分が入っています。

 

また万が一刺激を感じたとしても、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されてるから、トラブルが発症するリスクは最大限に抑えられるんですね。

 

 

ライースリペアのインナーモイスチュアローションNo11は、肌に優しいスキンケアができる処方で作られています。

 

もし心配だったらトライアルキットもあるから、まずはお試しから始めてみるといいですね。

page top